内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.145

今週の指標 No.145

今週の指標 No.145 目次   前へ 次へ 2000年5月1日

フランスの雇用情勢

<ポイント>

  1. フランスの失業率は、景気拡大を背景に低下してきたが、このところ下げ幅が拡大しており2月10.2%、3月10.0%となった。求職者数も99年後半以降、減少幅が拡大している。
  2. フランス政府は、雇用創出策のひとつとして「週35時間労働法*」を制定したが、2000年2月からの本格導入を前に多くの企業が前倒し導入したことも雇用増につながったとしている。ただし、同制度の導入は賃金コストを上昇させ、フランス企業の国際競争力を低下させることとなり、長期的には失業の改善につながらないとの見方もあり、今後の動向が注目される。

図1.フランス失業率の推移

図1 フランス失業率の推移

図2.雇用者数、求職者数の推移

図2 雇用者数、求職者数の推移

担当:海外調査課 盛川恭子  直通 03-3581-0056

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)