内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.132

今週の指標 No.132

今週の指標 No.132 目次   前へ 次へ 2000年3月27日

下げ止まりつつある運転資金需要

<ポイント>

  1. 銀行貸出残高減少の要因として、企業の設備資金需要の低迷に加え、企業の日常の営業活動に必要な運転資金の需要低迷が考えられるが、所要運転資金は99年後半に入り、持ち直しの動きがみられている(図1)。
  2. 所要運転資金に含まれる棚卸資産残高(在庫)をみると、98年後半から99年前半にかけて減少幅が拡大していたが、売上高が持ち直す中で、下げ止まりの傾向がみられる(図2)。今後、企業の業績が改善するに伴い、運転資金需要は次第に上向いていくことも予想される。

図1 企業の所要運転資金と銀行貸出残高の推移図2 企業の売上高と棚卸資産残高の推移

担当:内国調査第一課 新井 洋司 直通 03-3581-5854

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)