内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.127

今週の指標 No.127

今週の指標 No.127 目次   前へ 次へ 2000年3月13日

転換社債の転換・発行動向

<ポイント>

  1. 転換社債の総償還額に占める株式への転換額の割合をみると、99年に入ってから株式への転換率が上昇基調となり、投資家が株価上昇を受けて株式への転換を進めていることがわかる(図1)。
  2. 一方、転換社債の発行額は96年1月の規制緩和(社債適債基準及び財務制限条項ルールの撤廃)を受け大幅に増加したが、その後の株価の低下及び先行き不透明感などを背景に97年1月以降大幅に落ち込み、株価が上昇基調となってからも依然低迷している。この背景には依然として株価の先行きに対する不透明感があることが考えられる(図2)。

図1 株価と転換社債の転換動向図2 株価と転換社債発行額の動向

担当:内国調査第一課 石橋 英宣 直通 03-3581-5854

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)