内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.125

今週の指標 No.125

今週の指標 No.125 目次   前へ 次へ 2000年3月13日

輸出とITが牽引する鉱工業生産・出荷

<ポイント>

  1. 鉱工業出荷は、99年第2四半期以降、国内向出荷も緩やかに増加しているが、アジアを中心とした輸出向出荷が大きく伸びている(図1)。
  2. 情報化関連品目の生産が堅調に増加しており、鉱工業生産全体への寄与も大きくなっている。特に、99年第4四半期の鉱工業生産の伸び(前期比0.8%増)のほとんどは、情報化関連品目によるものであった(図2)。

図1 国内向け出荷と輸出向け出荷の推移


図2 IT関連品目の生産への寄与

 


(備考)
  1. 通商産業省「鉱工業指数」「鉱工業出荷内訳表」により作成。
  2. 情報化関連品目とは、通信機械、通信・電子部品、半導体素子、集積回路、半導体部品、電子計算機及び電池の合計。
  3. 図2の2000年第1四半期は、1月の指数をもとに、「製造工業生産予測調査」の2・3月の伸び率(情報化関連品目は電気機械産業、鉱工業全体は製造工業)を用いて試算。

担当:内国調査第一課 小浦 克之 (直通)03-3581-0806

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)