内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.115

今週の指標 No.115

今週の指標 No.115 目次   前へ 次へ 2000年2月14日

持ち直しの動きがみられる機械受注

<ポイント>

  1. 機械受注(船舶・電力を除く民需)は、1996年10~12月期をピークに水準を下げていたが、99年10~12月期は前年同期比が6.1%増と9四半期ぶりにプラスになるなど、持ち直しの動きがみられる。(図1)
  2. 製造業・非製造業別にみると、99年10~12月期は、電気機械、一般機械などの寄与により製造業が前年同期比11.7%増、通信業、運輸業などの寄与により非製造業(船舶・電力を除く)が同2.6%増となり、ともにプラスに転じている。(図2)

図1 機械受注(船舶・電力を除く民需)と設備投資の推移、図2 機械受注:製造業及び非製造業(船舶・電力を除く)の推移

担当:内国調査第一課 大塚 昌明  直通 03-3581-9517

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)