内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.105

今週の指標 No.105

目次   前へ 次へ 2000年1月17日

厳しくなっている大学等卒業者の内定状況

<ポイント>

  1. 大学等(大学、短大、専修学校)卒業者の就職内定状況(12月1日時点)をみると、内定率は97年度以降低下しており、大学、短大では就職を希望しない人の割合が増加している。
  2. 内定率は年度末に向けて徐々に増加していく傾向にあるが、99年度は10月時点で低水準であり、12月にかけての増加も遅れを取り戻すようなものではなかった。

        図1 12月1日時点の就職希望率及び内定率の状況

大学専修学校短大


     図2 10月1日、12月1日、3月1日、4月1日時点の内定率の推移

専修学校大学短大


(注)3月1日、4月1日は翌年の数値。

(備考)労働省「大学等卒業予定者就職内定状況調査」により作成。

担当:内国調査第一課 永野知子 直通03-3581-9516

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)