内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.104

今週の指標 No.104

目次   前へ 次へ 2000年1月11日

米国株式市場における外国資金の流出入動向

<ポイント>

  1. 昨年、アジアや欧州の景気回復期待を背景として、外国人投資家の資金が米国から他国に還流し、米国の株価はそれまでのような大きな上昇は見込めないのではないかという指摘があったが、実際には米国への資金流入は依然として続いている。
  2. 外国人の純購入額は97年以降米国の経済成長率が高まったことなどから増加している。97年第2、第3四半期は東アジア通貨危機による質への逃避などから流入し、98年第3四半期にはLTCMの経営破綻などから資金流出が生じたが、最近は流入額が再び拡大している。
  3. しかし、外国人の純購入額の規模については、生命保険やミューチャルファンドに比較すると小さい。

米国での外国人の株式純購入額の推移

購入主体別にみた米国での株式純購入額の推移

担当:海外調査課 山口啓朗  直通 03-3581-9536

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)